デパス メカニズム 作用機序

MENU

精神安定剤デパス(エチゾラム)の効果のメカニズム

デパスはどのようなメカニズムで作用を表すのか、そのメカニズムについて紹介します。

 

不安や緊張、イライラなどのストレスを感じるのは脳の働きです。
脳が働きすぎることによって不安や緊張感を感じ、それらを強く感じることによって眠れなくなったり、動悸がしたり、肩こりや腰痛、緊張型の偏頭痛などの筋肉の緊張を引き起こしたり、うつ状態になったりします。
デパスはこういった脳の不要な活動を低下させる働きがあります。

 

脳内にはベンゾジアゼピンという受容体があります。
このベンゾジアゼピン受容体が活性化すると、脳の働きを抑える電解質成分のひとつであるCL-が脳内に流れ出し、脳内の異常な興奮を鎮めます。
また、GABAという神経細胞を抑制させる働きを持つ神経伝達物質の働きを活性化させる働きにより、不安や興奮苛立ちといった症状を和らげます。

 

不安や苛立ち、心身の緊張を和らげることから、筋肉の緊張も和らげる効果があります。
そのため、肩こりや腰痛、筋緊張型の偏頭痛などにも効果を表します。

 

また、ベンゾジアゼピン受容体が脳の機能を抑制させる働きを持つことから、デパスには睡眠導入作用も期待できます。そのため不眠症や睡眠障害などにも効果を表し、睡眠導入剤としても利用されています。
そのためデパスを服用後に眠気を感じる方もいるので車の運転や高所での危険な作業などには十分に注意してください。

 

精神安定剤の中では比較的副作用も少なく、様々な効果を示すことから、心療内科や精神科のみならず、内科や整形外科など色々な診療科で幅広く活用されています。

 

ただし、いくら安全とはいえ、薬である以上副作用が全くないわけではなく、依存性や禁断症状、多量服用による植物状態や感情鈍磨、ふらつきや倦怠感脱力感、その他の副作用を認めることがあります。
副作用の症状が出てきたときは早めに医師に相談してください。
また、医師の診断の元処方された場合などは、薬の量の調節、中止は自己判断せず、医師の指示に従うと良いでしょう。

 

アルコールによって薬の効果に影響の出る薬なので、デパスの服用中はなるべくアルコールは摂取しないようにしましょう。