デパス錠の個人輸入・通販について|海外から購入する場合のルール&注意事項

MENU

デパス錠の個人輸入・通販について|海外から購入する場合のルール&注意事項

当サイトでは精神安定剤・抗不安薬のデパス錠の効果や使い方をメインに個人輸入・海外通販の利用方法・購入方法を紹介しています。

 

インターネットの普及もあり、日本国内でネットを使ったお買い物(通信販売)をする方も増えてきているため、一度や二度通販を利用して買い物をしたことがある方も多いと思います。アマゾンや楽天などは通販としてメジャーですね。

 

しかし、個人輸入となると勝手が違うと思われる方も多く、それと同時に、違法行為なのでは?と心配に思う方も多いようです。この医薬品(薬)の通販での購入(個人輸入)について理解しておくと今後不安なく利用できるようになるのではないかと思います。

 

ここでは個人輸入(海外通販)について薬事法との絡みも踏まえて分かりやすく解説していきます。今後薬を個人輸入する際など、不安に思った場合に参考にしていただければと思います。

 

デパスの通販・個人輸入は違法なの?

結論から言います。

 

違法です(違法になりました)。
参照:デパス法規制により個人輸入禁止・販売終了が決定

 

ただし、これは当サイトでいうところのデパスに限った話であり、デパスは厚生労働省により向精神薬指定がされたため個人輸入が規制されていますが、規制対象ではない薬については誰でも購入が可能です。
ただし、ルールがあります。そのルールの中で使う、購入する分には全く問題ありません。

 

個人輸入(海外通販)で知っておくべきルール

それは1つです。

 

購入した薬は自分が使う

 

これだけです。
つまり、購入した薬を人にあげたり、販売(転売)するなどせずに、自分で使うのであれば全く問題がないということです。

 

薬の販売(営業のための輸入)には医薬品医療機器等法に基づく承認・許可が必要になるため、違反した場合処罰が下る可能性があるので注意してください。購入者自身の使用に制限してください。

 

他にも薬の輸入量に制限があったり、細かな部分はありますが、そこは優良な代行サイトを使えば薬が届かないなんてこともなくなるので心配いりません。

 

輸入量に関する制限と代行サイトの対応

上で輸入量の制限もあると述べたので一応紹介しておきますと、薬には個人輸入の際に購入できる量に制限がかけられます。

 

  • 外用剤(軟膏・外皮用薬・点眼薬など):24個以内
  • 毒薬・劇薬、または、処方せん薬:1ヶ月
  • 上記以外の医薬品・医薬部外品:2ヶ月

これが各薬の輸入量になります。

 

例としてデパス錠を挙げます。※現在は個人輸入にて購入することはできません
デパス錠であれば、国内で処方箋をもらうことで購入できる処方せん薬にあたるため、1ヶ月分の量の購入と言うことになります。

 

デパス錠は1箱に100錠入りとなっているため、だいたい1月1箱が目安になります。

 

実際に個人輸入代行サイトの中には、薬の購入量に上限が指定されていることがあります。個数の上限が決められており、それ以上を選択できない(自分で個数を指定できない)ようになっています。これはこの輸入量に対する施策だと思われます。

 

1度の買い物で買える量に制限がかけられているため、まとめ買いはできませんが、例えば、○○mgを1箱、○○mgを1箱、○○mgを1箱といった買い方はできます。また、1箱購入後に連続して購入手続きを踏むことで注文をすることができる場合もあります。

 

しかし、一度に購入しても上で紹介したように輸入の制限があるため、一度に全てが届くわけではありません。

 

当サイトで紹介している個人輸入代行サイトは分納配送などの対応を独自で行っているため、大量に購入しても日を分けて発送してくれたり、輸入量が増えれば翌月に発送するなどを独自で判断して配送してくれるため、私たちは特に輸入量に対して意識をする必要がないと言えるでしょう。

 

こういったこともあるのでできるだけ有名な代行サイト、安心できる代行サイトを使うことも大事です。

 

まとめ

  • 薬(医薬品)の個人輸入は個人での使用を目的としていれば全く問題がない
  • 購入した薬を他人に譲渡、販売してはいけない

ここだけは注意して、輸入量などに対する対応を行ってくれている優良な個人輸入代行サイトを利用するようにすると良いでしょう。

 

価格も国内で購入するよりお手頃で、交通費、診察費などもかからず、薬にかかるコストを抑えやすくなります。使う目的にもよりますが、なかなか病院に行けないという方にとっても便利な購入方法になるので活用してみると楽ができると思います。

 

詳しい購入方法などは「デパスの通販・個人輸入」でまとめています。
※繰り返しになりますがデパスは現在は個人輸入にて購入することはできませんので、あくまでも他の医薬品を購入する際の個人輸入の方法としてご活用下さい