デパス法規制により個人輸入禁止・販売終了の可能性(決定しました)

MENU

デパス法規制により個人輸入禁止・販売終了が決定

厚生労働省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課により(2016年7月19日から約1ヶ月間)行われたパブリックコメント(通称パブコメ)により早ければ2016年10月からデパスやデパスジェネリック(エチラームやエチゼラム)が通販(個人輸入)で購入できなくなる可能性が高くなっています。

こちらのパブリックコメントは2016年9月14日に公布され、猶予期間を経た2016年10月14日には日本国内への個人輸入は禁止されることが決まりました。

 

デパスに個人輸入規制の可能性(確定)

当サイトにて紹介している通り、精神安定剤・抗不安薬として国内でも幅広いシーンで使われる万能薬とも言われるデパスですが(デパスの主な使用シーン)、この度厚生労働省より新たに向精神薬指定に関する意見募集が行われ、受付が(2016/8/18に)締め切られました。

 

パブリックコメントとは?
公的な機関が規則あるいは命令などの類のものを制定しようとするときに、広く公に(=パブリック)に、意見・情報・改善案など(=コメント)を求める手続をいう。公的な機関が規則などを定める前に、その影響が及ぶ対象者などの意見を事前に聴取し、その結果を反映させることによって、よりよい行政を目指すものである。通称パブコメ。
wiki引用:パブリックコメント

 

つまり、規則を定めるにあたり、国民から意見を募集し、その意見を考慮して政策や制度の決定に活かすという制度です。

 

今回のデパスを含む3薬に対するパブコメ

  • ゾピクロン(アモバン)
  • エチゾラム(デパス)
  • エスゾピクロン(ルネスタ)

エスゾピクロンについては向精神薬指定対象外となりました。

対象となる薬はデパス、アモバンですが、同じ成分であるジェネリック医薬品も対象となるようです。

 

麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令の一部を改正する政令」(案)及び「麻薬及び向精神薬取締法施行規則の一部を改正する省令」(案)に関する意見募集について
こちらはデパスを含む向精神薬の取り扱いに関するパブリックコメントですが、簡単に要約するのであれば、デパスを含む3薬を規制対象にしたいと考えているけど意見はありますか?意見を下さいということで、その意見の募集期間が終了したということです。

 

ほぼ確定と言われる理由

パブリックコメントに関してはあまり詳しくはないですが、調べてみるとこのパブリックコメントは形式上行われるものであり、特に意見がなければそのまま施工されることが多いため、デパスを含む今回の規制対象の薬3薬はほぼ確実に何らかの規制がかかるとの見込みのようです。

 

デパスが買えなくなるわけではなく、病院での処方になる

デパスの規制と言っても規制がかかるのは個人輸入(海外通販)のみです。

 

精神科や心療内科などの医療機関では病院を受診し、医師の判断のもと処方してもらうことは可能です。

 

個人輸入は病院での処方と違い、使用は自己責任ではあるものの、価格も安く、常用する方、または病院にかかるのが嫌な方にとってとても利用しやすい購入方法でしたが、今後は規制がかかり、販売が禁止されれば、病院で購入するしか入手方法はなくなります。

 

今までのように個人で気軽に輸入できる薬ではなくなるため、入手は困難、というより手間がかかるようになるのは確実と思われます。また、病院での処方は処方してもらえるかは医師の判断に任せる部分があったり、薬自体が高額に設定されていたり、通院費や移動費などを考えると金銭的にも多少厳しくなるかもしれません。

 

特に日本は海外と比べジェネリック医薬品などに前向きではないため、個人輸入、海外通販にてデパスやデパスジェネリックを購入していた方には負担が大きくなることが予想されます。

 

いつまで買える?いつから買えなくなる?

2016年9月14日にパブリックコメントの結果が公布され、30日間の猶予期間をおいた2016年10月14日以降より個人輸入が禁止となることが決定しました。

 

輸入規制のかかる前までは以下の個人輸入代行サイト

などでも購入は可能ですが、今後販売が禁止された医薬品の在庫を確保することに積極的になるかは不明です。

 

現に一部代行サイトでは今後デパスの在庫確保の予定はなく、現在の在庫分がなくなり次第販売中止となる予定です。
※確認してもらえるとわかりますが、デパスの在庫は捌けており、今後の入荷はありません。その他まだ在庫のあるジェネリック医薬品も9月27日には取扱いを終了し、10月14日には配送も含め全て終了している予定の様です。

 

そのため、今後個人輸入によってデパスを購入していた方の買い溜めなど駆け込み需要が予想されます。場合によっては薬の価格が高騰する可能性も考えられるため、必要であれば早めの購入を検討すると良いでしょう。在庫切れにより買えなくなる可能性も十二分にあるので判断はお早めに。

 

また、配送期間も考慮した場合、9月一杯での取り扱い終了となる可能性が高いと思われます。

 

追記

2016年9月14日にパブリックコメントの結果が公布され、30日間の猶予期間をおいた2016年10月14日以降より個人輸入が禁止となることが決定しました。

9月の段階では個人輸入代行サイトにて購入できていましたが、配送期間も含めた対応になるため今はほぼ全ての個人輸入代行サイトにて取扱いを終了しています。